ニューヨークアパートの契約書

ニューヨークのアパート契約期間は、原則的に1年、もしくは2年単位で行われます。
法律に基づいた契約書なので、きちんと内容を確認してからサインしましょう。

物件によっては契約内容が少々違いもありますが、ウィンドウガード、鉛のペイント、仕分けごみなど、ニューヨーク市が、義務付けているさまざまな規則がありますので、サインをして、それに従ってください。
それに加えて大家によって、そのビルに対しての独自のルールを付け足す内容のライダーという別紙のものが付いてきます。
気になることがありましたら、契約書にサインする前に大家さん、不動産エージェントに確認した方がいいでしょう。

大家、テナント、両者のサインが入った契約書は必ず保管してください。大家さんと一緒に契約書にサインする場合、その場で渡してもらえますが、そうでない場合は、両者のサインが入った時点で、郵送されてくる場合もあります。ご入居後、1ヶ月以上たっても契約書がお手元に届かない場合、必ず連絡して入手してください。

契約更新は通常、満了日から約2~3ヶ月前に、アパートのオーナーさんから契約を更新するか否かを問う通知が届きます。新家賃、契約期間などを確認し、更新する、しないにかかわらず早い段階でオーナーに御自分の意志を伝えてください。テナントからオーナーさんへの通知がない場合、契約更新の意志がないものとみなされ、解約という事態になりかねませんので注意しましょう。オーナーさんは、契約更新を希望する現テナントに対して、お家賃を上昇させる権利を持っています。不明な点があればオーナーもしくは管理会社に内容を確認し、慎重に更新手続きを行いましょう。