賃貸アパート契約に必要な書類

ニューヨークでアパートを借りる際にご用意頂く書類は以下です。

学生の方
  • 身分証明書 (パスポート、運転免許書、学生ビザ、学生IDなど)
  • 預金残高証明 (物件により必要)
    お仕事をされている方
  • 身分証明書 (パスポート、運転免許書)
  • 雇用証明書  (物件により必要)
  • 所得証明 (税金申告証明書など物件により必要)

  • 契約時に必要な経費
  • 初月家賃
  • 保証金 (セキュリティ・ディポジット、通常家賃1ヶ月分)
  • 不動産手数料
  • その他費用 (物件によりクレジットヒストリーチェック、申請費用あり)

  • 通常ニューヨークではアパートを借りる際に、お勤め先の雇用証明、収入証明(お客様がお借りになられるアパートの月々の家賃の45倍以上を証明する事が必要)、銀行残高などの色々と書類を準備する必要があります。

    クレジット・ヒストリー
    ニューヨークの入居審査では、クレジット・ヒストリーのチェックが行われます。クレジット・ヒストリーとは、ソーシャルセキュリティー・ナンバーをもとに作られたクレジットカードに関する返済情報と、車や住宅のローンなどの借入金に関する情報が記載されている個人の支払履歴です。よいクレジット・ヒストリーを作るには支払い日までに返済することです。


    保証人
    一般的にクレジット・ヒストリーがない方は、保証人を付けてアパートを契約をしなければなりません。弊社では、長年の大家さんとの信頼関係により、問題なく入居できる物件を多数管理しております。ニューヨークでのアパートをお探しの際は、ぜひ弊社にご相談ください。