英語版パソコンを日本語環境に設定する方法

最近のパソコンは、マルチリンガルが当たり前になっているので、昔のように日本語を扱うのに、わざわざ日本で本体を買う必要はなくなっています。

Macintoshの場合
日米で売られている製品の違いはキーボードだけです。
中身のMac OS Xは全くの同一ですので、簡単な設定をするだけで日本語環境に切り替えられ、日本で売られているものと全く同一の仕様になります。

【設定方法】
コントロールパネルの International(言語環境)で Language(言語)欄で一番上に「日本語」を上げ、Input Menu(入力メニュー)の「Kotoeri(ことえり)」にチェックを入れます。これで日本語入力が可能になり、メニューやヘルプも全てが日本語化されます。

キーボードの違いも、ローマ字入力であれば問題なく、同じ本体がNYでのほうが安価で売られている現状と、Appleの製品保証もインターナショナルなことから、新しく本体を買う場合には、こちらへ来てから買うほうが賢い選択でしょう。

Windowsの場合
英語版OSでも日本語を扱うことは可能です。
ただし、日米では売られている製品のOS仕様が違うので、メニューやヘルプの表示は、英語版OSでは英語のままです。

  • 日本メーカーのPC (東芝など)
    アメリカで売られている英語版の本体にも日本語環境が入っている場合が殆どですので、設定で呼び出すだけで、日本語入力が行えるようになります。

    【設定方法】
    Control Panel(コントロールパネル)の Regional Setting(地域設定)の Input Locale(入力ロケール)で Japanese(日本語)を選択します。これで日本語入力は遜色なく行えるようになります。


  • 米国メーカーのPC (DELLなど)
    本体には日本語環境が入っていない場合が多いですが、付属のWindows OSのディスクに日本語環境が用意されている場合が殆どです。

    【設定方法】
    日本メーカーのパソコン同様に、Control Panel(コントロールパネル)の Regional Setting(地域設定)の Input Locale(入力ロケール)で Japanese(日本語)を選択すると、Windows OSのディスクを入れるように要求されますので、指示に従いOSディスクを入れて設定を行えば、日本語入力は遜色なく行えるようになります。

また、Windowsパソコンをご利用になる場合は、アンチウィルスソフトが必ず必要ですので、ご注意ください。

以上は参考情報であり、これに起因していかなる損害が発生した場合も弊社は補償しかねます。