電気、ガスの開設

ニューヨークでのアパートが決まりましたら、電気、ガス、電話やハイスピード・インターネットなどの開設をしましょう。

■電気・ガス
ニューヨークでのアパートが決まりましたら、まず最初にしなければならないのは、電気、ガスなどのユーティリティ(光熱費)のアカウント(口座)開設です。
ニューヨーク市内は一般的に、電気、ガスはCon EdisonやKeyspanという供給会社になります。(一部の地域を除く)
開設の際の工事はほとんどが局内工事で、アパートの中に工事が入る事はありません。
電気とガスの開設に必要なのは、お客様のパスポート番号のみです。
請求は、アパートに毎月郵送されますが、インターネットからのお支払いも可能です。
弊社タイチ不動産では、英語に不慣れなお客様のために、手続きを無料で代行しております。
www.condison.com

■電話
ニューヨークの電話の申込時には、お客様の写真入りのID2種類(主にパスポートとビザ、アメリカで発行されたドライバーズ・ライセンスなど)が必要です。これらを電話会社にファックスします。開設には$55かかります。
料金形態のコースが複数ありますが、ニューヨーク市近郊のみ通話が可能なローカル・コールですと、基本料金が月々$20未満です(税込み)。
そこに 各種オプションを足して長距離や国際電話の通話ができるようになります。
長距離電話や国際電話に関しては、国際電話会社に別加入する、またはコーリングカード(テレフォンカード)をデリなどで購入し利用されるなど方法は様々です。
ニューヨークのアパート、最近では、家に電話は付けず、携帯電話だけで済ませる方も多くいらっしゃいます。
www.verizon.com

■テレビ
ニューヨークでは、テレビをつないだだけではテレビは映りません。ニューヨークでテレビを見るためには、ケーブルテレビの会社に加入しなくてはなりません。アンテナのみでも映りますが、画像はあまり良い状態ではなく、チャンネル数も限られています。ケーブルテレビは10チャンネルほどのベーシックコースから、組み合わせによっては百数チャンネル映るものまで多種様々です。

■インターネット
ニューヨークでは多くの方が、ケーブルテレビの回線を通じて、ハイスピード・インターネットに加入しております。各社キャンペーンの期間にもよりますが、スタンダード・チャンネル(160チャンネル)とハイスピードインターネットの組み合わせで約$97です。
開設には$25のボックス料(解約時返金)がかかります。
開設時に提出する書類などは特にありません。
アパートにテクニシャン(設置担当者)が来て取り付けます。

契約が満了されアパートを出る際には、これらのアカウント(口座)を必ず解約してください。次にアパートに入る新しいテナントさんがアカウント(口座)を開設できなかったり、そのままお客様のアカウントを使ってしまう可能性があります。


弊社タイチ不動産では、お客様がより スムーズに快適にニューヨークでの新しいアパートでの生活が始められるように各口座開設のお手伝を無料で代行致します。