アパートでのチップの慣習

アパートの入居時にドアマンやスーパー(管理人)に心付けとしてチップを渡しておくことをお勧めします。また、室内のちょっとした修理やなにか用事を依頼する際にも、数ドルのチップを渡すのが一般的な慣習です。もちろんチップは強制ではありませんが、他人から何かサービスを受けたり、これからサービスを受けようとする場合に、チップでその行為に対する謝意を表現するのは、アメリカの慣習の一つです。そしてニューヨークでは、その慣習がとても重要視される傾向にあると言えます。チップは、アパートのドアマンやスーパーにとって大切な収入源の一つです。チップの慣習に慣れない日本人にとって、初めてチップを渡す際に、少々戸惑いがあるものですが、普段からこういう形でコミュニケーションを取っておけば、何か起きた時に色々と助けてもらえるでしょう。

クリスマスのチップ
クリスマス時期は、クリスマスプレゼントとしてドアマンやスーパーにチップを渡すのが一般的ですが、現金以外にも品物や食品を渡す方もいるようです。